売却で不動産会社を選ぶ時に注意したこと

売却で不動産会社を選ぶ時に注意したこと不動産売買の知識

古家やマンションなど不動産の売買では、不動産会社を、しっかり選ぶ必要があります。

土地や建物という大きな金額が動く不動産売買の業界は、一般の人から見るとちょっと怖い世界なのかと勝手に思っている人が多いようです。

私たち夫婦もちょっとそんな感覚がありました。

土地建物を売却するとき、買うときというのは、いろいろな法律できちっとした手続きを経ないと不動産の売買はできないようになっています。

決してヤクザな世界ではないです。

不動産がどんどん値上がりしたバブルの時代には、そんな人もいたかもしれません。どんな業界でもいろいろな人がいるもんです。

私達のような不動産取引の資格のない素人としては、不動産の売買は不動産会社に依頼することが必要です。

不動産売却体験談・一戸建て土地付き売却」でも時々、申し上げましたが、どういった不動産会社とつきあうかによって、売却や購入の金額や時間がかわってくると思います。

不動産は土地や建物です。それらは、他の商品と違い、まったく同じものがありません。一つ一つが違った物件です。

広い土地付きの大きな家だったり、私達が売却した小さな土地に古い木造家屋が建っているような物件だったり、あるいはマンションの一室だったり、いろいろです。

ですから、それぞれに特徴のある不動産物件を扱う不動産業界にも、それぞれに得意、不得意があるようです。

私達がお付き合いしたF不動産は、小さな不動産の売却も全国ネットで販売することのできる会社でした。

おかげで何とか条件のあまりよくない物件でしたが、希望に近い金額で売却ができました。

その辺の経過はこちらのコーナーでまとめています。→「不動産売却体験談・一戸建て土地付き売却

不動産会社も、F不動産のようなところもあれば、買取専門で自社で買い取った物件に、建て売り住宅を建てて、売りに出すといったことが専門の業者もあります。

また、投資用の物件ばかりを扱う不動産会社もあります。

その辺はいろいろです。

また、不動産会社のなかでも担当者さんによっても、経験や知識もいろいろです。

担当者さんの個性もまちまちです。

不動産情報が豊富か、ネットワークがあるか

不動産会社選びでは、なんといっても売却にしても購入にしても不動産物件や売り主、買主の情報をどれだけ持っているのかが一番重要だと思います。

これは不動産売買だけで無く、アパートやマンションを賃貸で借りるときにもいえます。

新入学や就職で新生活をするときなど、移り住む所の不動産会社へ出向き紹介をしてもらいます。

その時に、不動産会社が、その地域の情報を豊富に持っている方がいいにきまっています。

土地や建物の売買では、売り主と買主とのマッチングができるかが一番の不動産会社の役目です。

街の小さな不動産屋さんの場合は、そのネットワークが小さくてなかなかこのマッチングができない場合がある反面、その地域の情報は熟知していて、それに合うような売り主の物件は、的確に買主とのマッチングができたりといったこともあります。

一方、全国規模でインターネットを活用して売り主と買主をマッチングする不動産会社の場合は、なかなか売り辛い物件でも、思いもよらない立地条件でもそれを求めている人は、案外いたりするので、売買契約が成立することもあります。

ブログ管理人夫婦が、売却した土地と建物は、ネットでの検索サイトから見つけてもらった買主と売買契約しました。

ですから、扱う不動産物件の特徴とそれにあった情報やネットワークを持っている不動産会社を見つけると言うことが最初に重要だと思います。

一般の人は、不動産売買などそんなに経験することではないので、不動産会社を選らぶということも大変です。

そこで便利なのが、私達も利用した一括の査定サイトです。

私達はこちらを利用しました。

マンション売却、不動産売却のイエイ

こういったサイトはいろいろあると思いますので、不動産会社を選ぶ時の手段として利用してみるといいかと思います。

不動産会社の担当者との関係が重要

不動産会社がきまったら、物件の最初の査定から売買活動に入るための担当者が付きます。

この担当者さんによっても、知識レベルや経験は、まちまちです。

私達のお付き合いしたF不動産の担当者さんは、ちょっとコワオモテの人でしたが、知識も豊富でテキパキと仕事をこなすベテランな担当者さんでした。

大きな金額の動く不動産物件の取引では、いろいろなことが起きます。

売りに出してもなかなか売れない期間があって焦ったりもしました。

そんなときに的確な情報と行動結果を教えてくれたり、見込みの買い手になる人たちとの対応にしても臨機応変に対応してもらえるかといったことがあります。

不動産取引のプロとして、様々な出来事に冷静に対応ができる人物かということも重要なところです。

結局、直接、不動産売買を行ってくれるのは、この担当者さんになります。

不動産会社を選ぶことも重要ですが、この担当者さんに恵まれるかどうかも重要な点といえると思います。

しかし、不動産会社を選んだ後は、その会社の担当者さんをこちらで選ぶわけにはいきません。

通常は、最初の不動産物件を下見に来た人が、そのまま担当者さんになると思いますが、このときの話口調や態度でなんとなく人間性がわかるものです。

あまりにも変な人は、そんなにいないと思います。

それよりも不動産会社の担当者さんも人間ですので、こちらから仲良くする心構えが必要だと思います。

大きな金額の動く不動産売買ですから、担当者さんのがんばりでは、100万単位で金額がちがってくる世界です。

なかには、不動産会社の人を警戒して、いつも疑心暗鬼な顔をしている人もいたり、お客さんズラして横柄な態度で担当者さんをいじめるような人も見えるようです。

不動産会社の担当者さんは、大概のことは、ハイハイとにこにこしながら話をしてくれます。

しかし、不動産物件の売り手、買い手、そして担当者さんというのは、担当者とお客といった関係ではなく、ひとつの売買を成立させていくパートナーであると、私達の経験では、強く感じました。

ですから、担当者さんが、スムーズに販売活動が出来るように、売り主も努力する必要があります。

担当者さんの健康を気遣ったり、販売に役立つ情報をどんどんと提供することも大切です。

「不動産会社を選ぶ時に注意すること」まとめ

私達の経験したF不動産の担当者さんには、やはりなるべく高く売却してほしかったので、毎回、お会いするときには、業務の労をねぎらいいつも感謝の気持ちで接していました。

そうしているうちに、多少の冗談や世間話もできる関係が築けてきて、その担当者さんは、頑張って売り出し活動を行ってくれました。

不動産売買は、人と人をつなぐ仕事だと思います。人間同士のコミュニケーションがしっかりとできる関係をこちらから築いていく努力が必要だと思いました。

今回は、不動産会社にもいろいろな分野で得意不得意なところがあり、その辺を自分の扱う物件との相性をしっかりと見極めて選ぶ必要性と、不動産会社が決まったあとには、担当者さんとの人間関係をしっかりと築く必要性についてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました